年末感謝祭! MHF-Zをライトボウガンで巡る旅 ~その1~


こんばんは、いっちーです!

それでは年末感謝祭を華々しく開催……ということで。
MHFのベースとなった「モンスターハンター2」のモンスターをご紹介。
最近の作品でも顔を出している有名人(!)の方をお呼びしました!


■怪鳥 イャンクック(鳥竜種)

 出演作の序盤に登場し、飛竜種の狩り方を伝授するモンスターの鑑。
 愛嬌のある顔立ちとハンター育成の良さもあり、「先生」と呼ばれる。
 なお、この通称はハンター発祥で、後に公式もそれに倣ったとされる。


ということで、可愛いかどうかは皆さんの目でお確かめください!

mhf_20171212_172139_73802.jpg

ちなみに、いっちーさんは可愛いと思います(笑)。
派生作品「アイルー村」では、チビクックというキャラがいますが、
こっちは文句なく可愛いので、気になった方はぜひ探してみてください。


先生の先生たる由縁は、小型化した飛竜種の行動パターンにあります。
尻尾を振って攻撃する。適度に飛んでみる。火炎液を吐いてみる……
そのほとんどが、この先のモンスターが仕掛けてくるアクションなのです。

また、モンハンの魅力である「部位破壊」の楽しさにも寄与してくれてます。
とはいえ、クック先生の破壊できるのは「耳」だけなんですけども……
この耳への攻撃が実にシビアで、的確に当てることを教えてくれます。

そしてこの耳がしぼむと、そろそろ討伐可能のサインにもなるのです。
(部位破壊しちゃうと、しぼむのがわかりづらくなるという難点が……)

mhf_20171212_172557_25302.jpg

クエストの種類、もしくは特定の素材を得たい場合は捕獲も必要です。
そういったことをすべて教えてくれるのが、今も昔もクック先生なのです。

最後に、傷ついてお休みになられている先生の写真をご覧ください(笑)。
モンハンは「モンスターと共に生きる」というテーマがあり、それが魅力です!

mhf_20171212_172719_42902.jpg

■ライトボウガンでの狩りのポイント

 鳥竜種全体に言えることだが、サイズがそこまで大きくないのが難点。
 よって、いっちー大好き貫通弾が最大限まで効果を発揮しないこともある。
 できれば頭を狙って撃ちたいが、敵も身軽なので狙い撃ちが難しい。
 パーティーの面子が揃っているなら、麻痺弾を撃ってサポートに回るべきか?


■溶岩竜 ヴォルガノス(魚竜種)

 火山に棲息し、なんと溶岩の海を平然と泳ぐ魚竜種。
 その鱗は鉱石のように固いだけでなく、炎を吐き、軽々と動き回る。
 実装当初は古龍種も真っ青の強さで人気を博し、トラウマを植えつけた。


MHF-Z時点で、ハンターランク2のキークエストになってますが……
とてもではありませんが、この段階で挑む敵ではありません。強すぎます!

その強さのせいで、私が用意する写真もこんな感じになってしまいます。

mhf_20171212_173331_98902.jpg

えー、あんまり私がやりそうにない加工バリバリですね……(笑)

ヴォル兄貴はハンターを察知すると、溶岩の海からでも攻撃を開始。
そして、ひとしきり暴れると……

キョロッ。
mhf_20171212_173333_82502.jpg

キョロッ。
mhf_20171212_173335_69102.jpg

その後にジャンプして陸に上がってきますが、問題はここから……

まず、剣士でさえ防具が半端だと死にます。2発、余裕です。
なお、ガンナーはゲームの仕様上、防御力が剣士よりも抑え気味です。
なので、初見でヴォル兄貴と戦う際は剣士装備を強くお勧めします。

とはいえ、ヴォル兄貴のどこを攻撃していいのかわからないでしょう。
というのも、問題は「サイズ差」にあるのです。

mhf_20171212_173537_49402.jpg

 でかぁぁぁい! 説明不要ッ!!

しかもこのサイズで全身を地面にぶつけて、ハンターを潰しにきます。
他は魚竜種お得意の異次元タックル、火球飛ばし、地面をはいずる……
その全てが純然たる火力を持っているため、現在でさえも難敵なのです。

ちなみにクック先生と同じく、わりと愛されキャラです(笑)。
つぶらな瞳(?)と、有無を言わさぬストロングスタイルが大人気ですねー。
私はG級でお世話になりますが、こっちも大変なことになってますし……

■ライトボウガンでの狩りのポイント

 正面で迎え撃つのは厳しいですが、ここで貫通弾を撃てば全部当たります。
 ダメージソースとして数えられることもあるので、早めに慣れたいですが……

 ライトボウガンを運用するにあたって、私が言えることがひとつあります。
 それは「剣士での狩りに慣れてから、ガンナーをする方がいい」ということ。
 ヴォル兄貴の場合、複数ある行動パターンさえ読めれば怖くありません。
 ガンナーは「モンスターの行動を先読みする」のが大前提になりますので、
 最初に防御力を確保できる剣士装備で狩りに慣れるのが早道でしょう。
 とはいえ、ヴォル兄貴は強いので……ライトボウガンでも苦労はします。


ということで、ちゃんとヴォル兄貴を倒した証明写真でお別れです。
明日からは「MHF-Zオリジナルモンスター」をライトボウガンで狩っていきます!

mhf_20171212_173706_99102.jpg
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
プロフィール

市川智彦(いちかわともひこ)

Author:市川智彦(いちかわともひこ)
 ひっそりとシナリオライターをしております。

最新記事
最新コメント
FC2カウンター
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
QRコード
QR