スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【秋のどさイベ2012】福岡への道(往路編・1)

 こんばんは、市川交通社でございます!
 安い旅行から少しだけ高い旅行まで、ほとんどやっちまってるいっちーさんがお届けする旅行案。

 今回は皆様に【秋のどさイベ2012】福岡会場への道と題しまして!
 まずは「往路」に焦点を当てて、徹底的にご紹介していきたいと思います。

 基本的に安値から高値まで、考え得る情報を網羅する予定です。
 実は飛行機とか明るくないんですけど‥‥その辺もなんとかがんばってみます。


■基本情報
 福岡で開催されるどさイベは、「9月29日(土)」です。
 翌日は大阪で開催され、こちらは「9月30日(日)」となります。


■飛行機を利用する場合
 何かと話題のLCCですが、市川交通社も情報だけは探しておきますね。

 ・エアアジア(9/28)
  成田 0700 → 福岡 0900
   プロモーション価格 6380円

 ・Peach(9/28)
  関空 1205 → 福岡 1315
   ハッピーピーチ価格 5490円


 ずいぶんと歯切れの悪い物言いですが、これには理由があります。
 まずひとつに、提示した金額は席が埋まるとともに価格が上昇します。
 後から予約するとなると、必ずしもこの金額とは限りませんので、注意が必要です。

 また、LCCでは運行中止になった場合に、他社の飛行機への振り替え輸送が保証されないです。
 自社の便が残っている場合であれば、そちらへの振り替えは可能であるとありますが、LCC自体、さほど運行便が多くないので、全幅の信頼を置くのは危険です。
 最近のニュースでもその辺を報じていたので、記憶に新しいかと思います。

 意外とお安いのですが、思った以上のリスクを背負うのがLCCだったりします。

  ・受託手荷物、座席指定など、通常の飛行機でのサービスがほとんど有料。
   (ワンランク上のチケットを入手すれば、ほとんどが緩和されます)
  ・定められた時間にチェックインできなければ、キャンセル扱い。搭乗できない。

 上記の点以外にも、さまざまな注意点がありますので、検討される方は確認が必要です!


 ちなみに普通の飛行機だと、こんな値段になります。

 ・JAL(早割適応・9/28)
  羽田 1730 → 福岡 1915
   最安値の席種で 14870円

 ・JAL(早割適応・9/28)
  伊丹 1950 → 福岡 2055
   最安値の席種で 11500円


■新幹線で行く場合
 大阪市内から出発するのであれば、「新幹線北九州・福岡割引きっぷ」がお得です。

 ・新幹線(割引きっぷ)
  新大阪 → 福岡(片道分)
   日付によらず一律価格 13100円

 それ以外はインターネット予約に加え、何かの会員になる必要があり、なかなか強敵です。
 詳細はこちらのリンクでご確認ください。

 金券ショップも上記価格とほぼ同額で推移してますので、無理に調べる必要はないかも‥‥
 飛行機まで使いたくないけど、ちょっと贅沢してみたい貴方にはピッタリのチョイスです。


■深夜バス(募集型ツアーバス)で行く場合

 募集型ツアーバスとなるとGWの記憶が蘇りますが、どこのバス会社も対策は整えてます。
 この距離は絶対に運転員が2人でなければならないので、この表記のない運行会社は検討の段階で候補から外して構いません。

 ただ、どれだけ規約を守っていても、寝れないもんは寝れない。これは真実です。
 そこでいっちーがオススメする「募集型ツアーバス会社」は、こちらの2件。
 ちなみに「絶対に寝れるバス」ではなく、「寝れそうなバスがお手頃値段である」だけです(笑)。

 ・WILLER EXPRESS
 ・VIPライナー
  (どちらも「スマートフォン対応サイト」が用意されています)

 ウィラーさんは老舗で、2列シートから4列シートまで、各種取り揃えてあります。
 また当日朝に到着し、お風呂に入るSPA朝入浴&バスプランもありますので、必要に応じて選択が可能です。

 VIPライナーはとにかく安心です。
 オススメは「ロイヤルブルー九州便」。乗車人数が、たったの24人という贅沢仕様!
 いっちーさんも爆睡したほどの圧倒的豪華さ、そのわりに安いのが魅力です(ホントに)。


■フェリーで行く場合

 前述のウィラーさんが、「名古屋から福岡に繋ぐバス+フェリーを企画」してます。

 ・名門大洋フェリー(9/28)
  名古屋 1200 → 新門司港 翌0530(片道分)
   バス+二等和室 7300円
  (※有無を言わさず「二等和室」で雑魚寝なるので要注意!)


 私のオススメは、大阪南港を出発する「名門大洋フェリー」です。
 ウィラーさんが使用するフェリーも同じです。この場合は二等和室になります。

 名門大洋フェリー単独でインターネット予約すると、2割引になったりもしますよ!
 ちなみに「二等洋室の値段で、特別二等洋室にランクアップ!」とかもあるんです。

 ・名門大洋フェリー(9/28に乗船を想定した価格)
  大阪南港 → 新門司港(片道分)
   二等和室 5400円
   二等洋室・特別二等洋室B 6600円
  (※どちらもインターネット割引で2割引後のお値段です)


 ただし、問題がひとつだけあります。
 会場入りする問題で、必ず1便に乗車する必要があります。そんで、出航が16時50分。

 デイタイムで仕事してる人を確実に地獄へと誘う出航時間ですね、ええそうですね(泣)。
 ということで、まずは「時間に余裕のある方」が選べる選択肢といえるでしょう。
 ただし、到着は5時なので、間違いなく開場までに現地に到着できます。また途中まで無料送迎バスがあるので、この辺も便利。お風呂やシャワーは、フェリーについてますしねー。
 移動する人数が多いなら、団体として乗船することも可能なようですので、ホント前日に時間の余裕さえあれば問題ない乗り物です。


 同じフェリーでも、大阪・泉大津か神戸から利用する場合は「阪九フェリー」も便利です。
 予約が2ヶ月前からスタートですが、ほとんど金額の変動がないのが魅力です。ただし、到着時刻がやや遅いので、10時に現地というのは難しくなるやもしれません。


 あれ、思ったよりも長くなった‥‥(汗)
 では、次回「往路編・2」では、応用編を紹介しようと思います~。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

市川智彦(いちかわともひこ)

Author:市川智彦(いちかわともひこ)
 ひっそりとシナリオライターをしております。

最新記事
最新コメント
FC2カウンター
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。