スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

DRAGON GATE(ドラゴンゲートプロレス)の金網戦を考える


 こんにちは、いっちーです!( ・ω・)b

 実は趣味が「プロレス観戦」のいっちーさん、昔からDRAGON GATEのファンです!
 通称「ドラゲー」。メキシコ流のファイトスタイル・ルチャリブレがベースの団体です。
 過去に地元にも興行に来てくれてまして、その時は必ず見に行ってました。
 年間興行日数が200日前後、意外と皆さんのお住まいの地域に来てますよ!
 (たしか最近、47都道府県を制覇したはずなので、全国で観戦することができます)

 プロレスファンというと、熱い野郎どものイメージがあるかもしれません。
 ところがドラゲーは、実に女性ファンが多い! 男女比は5;5か、4:6かも?!

 その理由は「イケメン選手が多い」のと「コメディーもできる」ことでしょうか。
 吉野正人選手、土井成樹選手、B×Bハルク選手などに代表されるイケメン揃い。
 それに加えて、本拠地・神戸に由来するお笑いエッセンスでも楽しませてくれます。
 (現在はオネェキャラがレスラーの唇を奪うという新世界が展開中。恐ろしい……!)

 また、今年は団体設立15周年で、最近のメインは内容の濃い試合が多いです。
 お膝元・神戸、東京・後楽園はもちろん、大阪、愛知、福岡でもビッグマッチを実施。
 最近では地方興行でも、唐突にポッとタイトルマッチが組まれることもあります。
 (最近だと、「ボーナスマッチ」と称して、1試合増えたりすることも!)


 さて今回は、今年に入って動き出したストーリーについて分析します。
 あ、念のため書いておきますが、たぶん「内容の濃すぎる話」になります(笑)。
 なるべくわかりやすく書くつもりですが、おそらく……

  (┗・ω・)┛<わけがわからないよ、いっちーさん!

 となりそうなので、とりあえず雰囲気だけでも味わってください。
 ドラゲーの試合は、CS放送「GAORA」さんで放送してます。
 たまにニコニコ生放送やUstreamで、有料生放送をしてる時もありますよ!


■【金網サバイバル6WAYマッチ】を考える(1)

 来る 5月5日(月・祝)、愛知県体育館で「金網サバイバルマッチ」が行われます。
 古参のファンなら「えらい久しぶりやな」と言うであろう、懐かしい試合形式です。
 過去に何度かやってるんですが、ユニット抗争の節目に用いられることが多いです。

 「ユニット」っていうのは、選手がドラゲー内で組んでるチームみたいなものです。
 現在は、以下のユニットが存在しますが、若手の選手はだいたい「無所属」ですね。
 なお、「ベビー」は正義側、「ヒール」は悪役側という分類です。簡単に言えば。

・ジミーズ(ベビー)
・MAD BLANKEY(ヒール)
・オレたちベテラン軍(ベビー)
・ミレニアルズ(ベビー)
・MONSTER EXPRESS(ベビー)


 事の発端は、今年 1月。ジミーズのジミー神田選手(通称・キャンディー)でした。
 MAD BLANKEYの土井成樹選手(通称・土井ちゃん)と対戦したのですが……
 そこでキャンディーが、唐突に「土井! お前を1年付け狙うからな!」と宣言。
 土井ちゃんは「大暴走」の異名を取る選手らしく、なぜかこれに呼応します(笑)。

 それからふたりの抗争は激しくなり、場外乱闘や無関係な試合への介入も勃発。
 気づいたら、ジミーズの谷嵜なおき選手(通称・谷やん)も混ざってました(笑)。
 さらにMAD BLANKEYのB×Bハルク選手(通称・ハルク)も巻き添えを食う始末。
 (ハルクは「ジミーズと抗争してる暇はない」と諭したのにも関わらず、です)

 本来であれば「ジミーズとMAD BLANKEYの軍団抗争」になる……はずでした。
 しかし、キャンディーと谷やん、土井ちゃんとハルクが不仲になるという展開となり、
 お互いに相手を罵る、相手を煽るの繰り返しで、さらに展開がヒートアップ。

 土井ちゃんがライバルである、MONSTER EXPRESSの吉野正人選手にケンカを売り、
 谷やんが、ほぼ外野のオレたちベテラン軍・CIMA選手にケチをつける形で、
 ついに6人での抗争に発展。最近は毎試合、誰かの乱入があったほどです。
 後で話しますが、吉野とCIMAはとばっちりとしか思えないんですよねぇ(笑)。

 最後の2人が合流した時点で、誰もが予測したであろう「金網デスマッチ」
 この金網戦は、基本的に負け残り戦として扱われ、最後まで脱出できなかったら負け。
 敗者は「髪切りorマスク剥ぎ」になる……はずだったのですが、突然のルール変更。
 今回は「負けた選手の代理人が、髪切りorマスク剥ぎ」となる条件となりました。
 (ちなみに「敗者髪切りorマスク剥ぎ」は、「マスカラ・コントラ・カベジェラ」ともいいます)


「金網サバイバル6WAYマッチ
   ~スケープゴート式マスカラ・コントラ・カベジェラ~」


 土井成樹 VS B×Bハルク
  VS ジミー・神田 VS Mr.キューキュー“谷嵜なおき”豊中ドルフィン
  VS 吉野正人 VS CIMA

 《各選手代理人》
  ・CIMA=代理人:ドラゴン・キッド(マスク)
  ・吉野正人=代理人:しゃちほこBOY(マスク)
  ・ジミー・神田=代理人:ジミー・ススム(髪)
  ・Mr.キューキュー“谷嵜なおき”豊中ドルフィン
   =代理人:堀口元気H.A.Gee.Mee!!(髪)
  ・土井成樹=代理人:Kzy(髪)
  ・B×Bハルク=代理人:サイバー・コング(マスク)


 マッチメイクを行ったレフェリー・八木本部長こそが、まさに極悪人!(笑)
 ご本人は「お前たちの絆を見せてくれよ」といいますが、このルールは……
 まぁ、当たり前の話ですが、当事者と代理人とのケンカも起こってます。

 プロレスは、ストーリーを事前に仕込んであることが多いです。
 これを「アングル」といい、ファンはこの辺も含めて楽しむのですが……
 ドラゲー歴の長い私でも、さすがに「ここまでやるか?!」と思いました。

 ここで、ちょっと前の文章を読み返してください。
 だって、事の発端は「キャンディーと土井ちゃんのケンカ」ですよ?(笑)
 誰がこんな展開を予想したでしょう。ホントに1年抗争すると思ってたもん!

 最初の方は「珍しい面子でやりあってんなぁ~」くらいの感覚でしたし、
 谷やんとハルクの参加も「ユニットの整理すんのかな?」と深刻には考えず。
 しかし吉野とCIMAの合流で、さすがに「これ、アカンやつや」と思いました。


 さて、今後はどうなるのか?!

 いっちーさんの予想ですが、そちらはかなりコアな話題になると思います。
 また、アングルについての言及もあるので、追記のところに隠しときますね!

 ドラゲーは見てて楽しいプロレスですので、ぜひ皆さん一度はご覧ください!

続きを読む

スポンサーサイト
プロフィール

市川智彦(いちかわともひこ)

Author:市川智彦(いちかわともひこ)
 ひっそりとシナリオライターをしております。

最新記事
最新コメント
FC2カウンター
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。